羊蹄・ニセコを走る、世界を走る?2

自転車、クロカン、オリエンテーリングが趣味

ニセコアドベンチャーレースの軌跡・写真

f:id:kiyatchi:20200707214209p:plain

 最初のランです。

f:id:kiyatchi:20200708223032j:plain

f:id:kiyatchi:20200707214253p:plain

 ラフティングボートのセクションです。

f:id:kiyatchi:20200708223058j:plain

f:id:kiyatchi:20200707214423p:plain

 第2ラン(ロゲイニング)、MTB、第3ラン(沼巡りトレラン)、最後のMTBの途中でガーミンが電池切れ。全部混ぜた軌跡です。

 実はエプソンの時計もGPSをスタートさせてバッグに入れておいたのですが、ゴール直後に「保存」ではなく「消去」を押してしまい残っていません。その時、総距離は99kmでした。スタートからラフト終了地点までは、大会事務局によって自動車でザックごとエプソン時計は運ばれています。それに往復6km分を足すと総距離105kmくらいではないかと思われます。

 そこからMTBとラフトを引くと、約60kmロードやトレイルを走ったことになります。

f:id:kiyatchi:20200707222716p:plain

 我チームの半月湖迷走です。これだけ探して結局45分ペナルティはがっくりでした。半月湖終了時点での写真です。

f:id:kiyatchi:20200708223146j:plain

 大会事務局から写真を頂きました。

 スタート前全員集合。

f:id:kiyatchi:20200708223318j:plain

 我チームの作戦会議。

f:id:kiyatchi:20200707215405j:plain

 これはスタート前の作戦会議。地図をもらって10分ほどで実際走り出さなければなりません。

 夕食時。この後、MTBです。

f:id:kiyatchi:20200708223412j:plain

 MTB終了し、五色温泉から山に入るところです。21時過ぎ。

f:id:kiyatchi:20200708223508j:plain

 大沼近くと思われます。

f:id:kiyatchi:20200708223623j:plain

 閉会式。成績発表。

f:id:kiyatchi:20200708223706j:plain

 

ニセコアドベンチャーレース準優勝

f:id:kiyatchi:20200705224120p:plain

 昨日から今日にかけてニセコアドベンチャーレースが行われました。

f:id:kiyatchi:20200705224328p:plain

 結果は、11チーム中2位。1位と2位のみ全ポイントを時間内完走。1位には地図読みでは勝り、スピードで負けた感じでした。

f:id:kiyatchi:20200705224447p:plain

 写真はニセコアドベンチャーレースHPのツイッターに出ている我チームの動画の一部です。

 セッションは、6kmラン→3kmラフティング→6つのポイントのロゲイニングMTB→ほぼニセコ沼めぐりコースのオリエンテーリングトレラン→MTBでした。

 総走行距離は、105kmくらい。時間は17時間17分+ペナルティ45分でした。トップとのタイム差は30分台だったので、ペナルティを回避出来れば(トップチームも45分のペナでした)優勝でした。

 でも、2チームのデッドヒート、とても面白かったです。

f:id:kiyatchi:20200705225039j:plain

 ロゲイニング中の我チームです。

f:id:kiyatchi:20200705225128j:plain

 ここがCP4。かなり難しいポイントで、私たちはほぼノーミスで見つける事が出来ましたが、トップチームは1時間くらい迷ったようです。

f:id:kiyatchi:20200705225311j:plain

 三角点の所に設置されたCP6。

f:id:kiyatchi:20200705225402j:plain

 CP9はスタート地点で、ここに着いてから30分間の滞在が義務づけられています。杏ダイニング前田シェフ提供の美味しいお弁当が支給されました。

f:id:kiyatchi:20200705225550j:plain

 19時16分にMTBスタート。トップとはこの時点で5分ほどの差でした。

f:id:kiyatchi:20200705225658j:plain

 夜のCPは赤い光が点滅していて、近くまで行くと昼間より見つけやすいかもしれません。

f:id:kiyatchi:20200705225814j:plain

 実はMTB部門はほぼニセコヒルクライムコースを登るものでした。

f:id:kiyatchi:20200705225925j:plain

 21時から翌朝3時までほぼ6時間のトレランでした。満月で晴れている所では月明かりで山の輪郭が少し見え、その下に雲海があったりして幻想的でした。霧の中に入ると眼鏡が曇り、足元に気をつけているとガーンと何度もヘルメットを木にぶつけました。夜中12時を回っても、緊張感の連続で眠たくなることはありませんでした。

f:id:kiyatchi:20200705230034j:plain

 最後のMTBは朝が明けました。そして午前4時22分にゴールしました。

f:id:kiyatchi:20200705230143j:plain

 アワードパーティー。入場するのに名前と連絡先を書き、体温チェックを受けます。

f:id:kiyatchi:20200705230239j:plain

 またまた杏さんの美味しい料理が次々と出てきます。コロナ対策で一人一人に分けられていますが、食べ放題です。

f:id:kiyatchi:20200705230425j:plain

 堀江貴文氏(ホリエモン)も大会に出ていました。写真は開会式です。都知事選候補も2名(反NHKの立花氏も)都知事選当日なのに参加していました。

f:id:kiyatchi:20200705230520j:plain

 レジェンド田中正人氏によるGPSログ解析。田中さんとも個人的なお話が出来て大変光栄でした。次の画面は尻別川を泳いで渡ったチームのログの紹介です。

f:id:kiyatchi:20200705230834j:plain

 田中さんの解説の中で、私たちのチームの地図読みの成功例も紹介されました。すると、堀江氏が我々のチームの所に来て、色々話しだしました。堀江氏のチームもCP4を上手に取ったチームでした。20分くらいアドベンチャーレースや沢登りの話をしました。興味のある事にはどんどん素直に入って来る人でした。

f:id:kiyatchi:20200705230811j:plain

 この大会、主催者が堀江氏に近い人で固められていて、ガチで出たチームとお金に物を言わせて出たチームが混在していて、不思議な雰囲気でした。

 私としては、急遽一緒にチームを組んでくれた方など様々なアドベンチャー関連の人と知り合いになる事が出来て楽しかったです。何よりも17時間も走り続けて眠らなかったことに満足しています。ただ、今とても眠いです。

明日はニセコアドベンチャーレース

f:id:kiyatchi:20200703224423j:plain

 いよいよ明日はニセコアドベンチャーレースです。

f:id:kiyatchi:20200703224631j:plain

 今日は勤務終了後に、スタート地点の倶知安サンスポーツランドに行ってみましたが、テントは立っているものの、ちょうど夕食時間だったのか、関係者の方は誰もいませんでした。

f:id:kiyatchi:20200703224704j:plain

 明日は10時から受付・機材チェック、11時ブリーフィングで12時スタートです。優勝想定タイムが24時間。夜中に私が眠たくなってチームの足を引っ張ってしまう気がします。今日は、少しでも早く寝て、寝だめをしましょう…。

2020年6月のトータル

6月のトータルは

ラン202km、バイク229km、カヌー4km

トータル 296(ラン換算km)

でした。

昨日、足底は完治したと書きましたが、今日少し痛いです。

無理せず、ゆっくりいきます。

『北海道の鉄路』『むらに暮らす』

f:id:kiyatchi:20200629234924j:plain

『北海道の鉄路 上巻』高木尭男写真、牧野和人解説 フォト・パブリッシング2020☆☆倶

 函館本線室蘭本線の写真本です。新しい本ですが、写真はある一時期のが多いです。似たアングルが多く、もう少し多面的な写真の方が面白かったと思います。

f:id:kiyatchi:20200629235524j:plain

『むらに暮らす~暮らしの歩みを聴き訪ねて~』あかいがわ地元学聞き書きチーム2020☆☆☆☆倶

 これは、とても面白かったです。赤井川村に住む21名もの人へのインタビュー集。聞き取りを行ったのが札幌新陽高校の生徒さんたち。文章が、一人一人の語り口のままになっているので、読みづらいけれど、びしびし伝わってきます。また、共通して昔はイタドリを食べただとか都から赤井川まで歩いただとか、そういう話が出てきてみんなすごい爺さんやばあさんだなって思います。すべての人に歴史があるのですね。

 私はこの春赤井川を走りまくっていたので、土地勘もあってあそこでそんな苦労していたのかなどと実感しながら読めたのも面白かった理由です。

 じっくり人から聞き取るって大切な事なのですね。 

昔の走り方復活?ラン20km

f:id:kiyatchi:20200628155535p:plain

 今日は雨が降る前に10kmくらい走っておこうと思い、走り出しましたが、雨が降りださなかったので、20km走れました。

 昨日の羊蹄山の疲れは少しありましたが、先週のニセコアンヌプリ後の疲れよりは小さく、山登り用の足は少し出来てきた様です。

 ところで、一昨年の秋に出た長野県でのスーパーオリエンテーリングで足底を痛めて以来、昨年度はランをあまりしませんでした。ただ、ナイキのズームペガサス35ターボがあまりに足にやさしく、フォアフット気味であれば、結構な距離を走る事が出来るようになっていました。

 この春になって足底はほぼ完治し、先週からフォアフットではなく腰を落としてヒールから入る走法に戻しつつあります。

 今日は20kmのうち、最初の4kmと最後の4kmはその走法で走りました。

 ところで、シューズのソールを見ると、フォアフット走法(私がそう意識しているだけで、減り方を見ると外に体重が乗ったフラット走法になっているようです)のペガサス35ターボと、その以前に使っていたナイキズームトライバル6では減り方が違っています。

f:id:kiyatchi:20200628160523j:plain

 上の青いのがペガサス35ターボです。

f:id:kiyatchi:20200628160718j:plain

 オレンジがトライバル6です。

f:id:kiyatchi:20200628160751j:plain

 ヒールの部分だけを比較すると、踵から入るオレンジと、全体で入るペガサスの違いが判ります。同時に、大前提として、外側に体重が乗ってしまっている私の走りのくせも分かります。

 昔の走法からフォアフットに変えたのは、足底を守るためです。足底が完治した今、フォアフットにこだわる必要はありません。

 昔の走りでずっと20km走る筋肉はまだ付いていません。しかし、腰を落として大腿四頭筋を使い、ヒールから入って頭をほぼ全く上下させない昔の走りは、トレランの下りや自転車そしてクロカンスキーと同じ筋肉を多く使う走りです。また、私にとっては膝や足首、足裏などへの負担が少ない走りです。この走りをすれば、トライバル6でもズームフライ3でも使いこなせると思います。

 あと6日でニセコアドベンチャーレースです。それまでは特に無理はしませんが、その後は昔の走りに戻していこうと思います。

ニセコアドベンチャーレースまで1週間、羊蹄山7合目まで

f:id:kiyatchi:20200627210459p:plain

 今日は午前中お仕事。天気は良くなかったのですが、午後羊蹄山に登ってみました。

f:id:kiyatchi:20200627210637p:plain

 京極温泉は6月中まで土日は営業していないので、京極コースではなく倶知安コースから登りました。

f:id:kiyatchi:20200627210814j:plain

 倶知安登山口から羊蹄山を見ると、ところどころ雲が無い所がありました。

 朝まで雨が降っていましたので、シューズはサロモンのスピードクロスにしました。案の定、3合目から5合目くらいはドロドロでした。

 雨が降ってきたら5合目で引き返そうと思っていましたが、上に登るにつれて状況は良くなって行ったので、7合目まで登りました。

f:id:kiyatchi:20200627211128j:plain

 実はスパッツを忘れ、仕事で使ったジャージのままです。

f:id:kiyatchi:20200627211232j:plain

 さらに、手袋もライトも忘れました。飲み物もカルピスのペットボトル1本のみ。これでは頂上まで行けません。

 7合目までちょうど標高差1000mくらい。登り1時間25分でした。

 下りはとにかく転んで怪我をしない様に。来週はニセコアドベンチャーレース本番です。

 下山すると、登山口まで小雨になっていました。

adventure-life.kuron.jp/

 ニセコアドベンチャーレースは、コロナで中止になるのかと思っていましたが、ずっと何のアナウンスもなかったのに、6月になって突然注意事項などがチーム代表に送られてきました。

 参加チームは全部で11。そのうちなんと7チームがVIPエントリー。通常エントリーは4チームのみです。

 7月4日12時スタートで優勝想定タイムが24時間、最下位チーム予想が30時間。トレラン、オリエンテーリングMTB、ラフティングなどがあり、スタート時に渡される地図で、最初に何をどこで行うのかがわかります。チームは女性1名を含む4人一組です。

 何となく、羊蹄山のピークにもチェックポイントが置かれている気がして、先週、本日と、今シーズンあまりしていなかった登山のトレーニングをしました。

 もう、1週間しかありませんので、あまり無理な練習はやめて、体力温存したいと思います。

 来週、大変楽しみです。