羊蹄・ニセコを走る、世界を走る?2

自転車、クロカン、オリエンテーリングが趣味

新しいレインウエアなど

 OMA小樽赤井川の優勝賞品に秀岳荘の商品券も入っていましたので、来るべき忍者トレランなどに備えて、アイテムを購入してきました。

f:id:kiyatchi:20190817162603j:plain

 下のレインウエア、カップ、エマージェンシーシュラフカバーです。

f:id:kiyatchi:20190817162713j:plain

 上のレインウエアは以前sea to summitの抽選会で当たったゴアとしては最軽量のモンベルのもの(222g)を持っていましたが、下はadidasの重い(225g)ものしか持っていませんでした。

f:id:kiyatchi:20190817162938j:plain

 今回、モンベルの軽いのを買おうとおもったら、さらに軽く(勿論シームレスの完全防水です)しかもOMMの商品が現物一つだけありましたので購入しました。重さ何と84g。

 f:id:kiyatchi:20190817191853j:plain

 商品タグには75gと書いてありました。これのジャケットも商品としてはあるようで、170gだそうです。

   このパンツ、右前裏側に小さなポケットが付いていて、そこに本体が収まってしまいます。これで、合羽は上下で約300gにすることが出来ました。もちろん、ブルべでも使えます。

f:id:kiyatchi:20190817163331j:plain

 次にカップです。これもサロモンのとノースフェイスのとありましたが、サロモンのはあまりに軽くてつかめない感じでしたので、ノースフェイスのにしました。忍者トレランではマイカップ持参が規則です。

f:id:kiyatchi:20190817163428j:plain

 そして、SOLのエマージェンシーシュラフカバー。これは、今回斜里で一緒に走った栃木出身の大学生が、公園で野宿している時に使っていると聞いたものです。OMAとかではツェルトかエマージェンシーシートが規則ですが、これはその代用として認められると思います。

 宿泊ブルべでも今までエマージェンシーシートとシュラフカバーを別々に持って行きましたが、これ一つで足りると思います。重さは袋含めて106gです。ちなみに、今まで使っていたレスキューシートは73gでした。大会の時には軽い方を使うかもしれません。

 

 

斜里旭川300、11時間43分で完走

f:id:kiyatchi:20190816183732j:plain

 風に恵まれた、最高のブルベでした。

f:id:kiyatchi:20190816183831j:plain

  斜里駅でのブリーフィング。6時スタートです。

f:id:kiyatchi:20190816184107j:plain

 スタートから追い風。N本さんと二人で飛び出しますが、間もなくY下さんT口さん、福岡の方の5人で列車を組みました。網走まで速い速い。

 網走からは、私とN本さんの二人で行きました。基本的に4日前の400の超回復が来ている様で、そこそこ踏めるし引けます。

f:id:kiyatchi:20190816184306j:plain

 通過チェックの能取岬。

f:id:kiyatchi:20190816184512j:plain

 能取湖サロマ湖と追い風基調でかなりのスピードで進みます。基本N本さんに引いてもらいましたが、時々交代しました。二人ともサロマウルトラマラソンに出たことがあるので、自転車だと速いですねなどと話していました。

 しかし、私はだんだん付いていくのがやっと(短い登りだけは私の方が速かったですが)になってきました。

 気温が上がってきたことも、辛くなってきた原因かもしれません。

f:id:kiyatchi:20190816184855j:plain

 紋別には昼前に着いてしまいました。

 紋別から滝の上を経由して上川に向かいますが、向かい風を予想していたのにまたも追い風。N本さんはペースを落とさずに進みますが、私は頭がぼーっとしてきて、とにかくガリガリ君が食べたくなりました。

 滝上のコンビニ手前で離脱し、ガリガリ君を食べ、アイスコーヒーの氷も購入しました。実は、多分この後で、まだ5千円くらいはチャージされていたスイカ等を落としてしまいました。気付いたのは上川です。

 滝上から上川へ抜ける浮島峠は、だらだらとゆるい傾斜を上下します。暑かったこともあり、かなり時間を使ってしまいました。トンネルの中は登り基調でも涼しくて少し回復しました。

 上川からは緩やかな下り基調。向かい風でしたが、30km以上出すことが出来ました。

 そして、旭川のゴール。17:43分に到着でした。ブルベ時間11時間43分。サイコンのavgは29km弱でした。

 

f:id:kiyatchi:20190816190151j:plain

 ゴール受付の公園では、R札幌のK林さんが、焼肉を用意してAJ北海道のスタッフとともに待っていて下さいました。有難い限りです。

 パラダイスウイーク、600以外の全てを満喫させていただきました。特にスタッフの皆さまには、自分もAJのスタッフであることを忘れて走りに集中させていただき感謝の念に堪えません。 

 

知床200好天の下8時間24分で完走

f:id:kiyatchi:20190816203320j:plain

 スタートしてすぐに一昨年北見300を途中まで一緒に走ったN本さんと先頭を走ります。ウトロまでの道は舗装も良く路肩も広く、最高に走りやすかったです。

 

f:id:kiyatchi:20190814162800j:plain

 知床峠の登りで、N本さんと本州から参加の大学生が二人先に行ってしましたした。登り長かったですが、天気が良く気持ちよかったです。

 

 

 

f:id:kiyatchi:20190814162910j:plain

  羅臼側からは国後も見えました。

f:id:kiyatchi:20190814163206j:plainf:id:kiyatchi:20190814163241j:plainf:id:kiyatchi:20190814163318j:plainf:id:kiyatchi:20190814163010j:plain

 ウトロ側も羅臼側も両方良い天気はラッキーでした。知床峠も根北峠も自動車では通った事はありましたが、自転車だと辛いけど面白かったです。知床峠の下りはいつまでたっても下りきらず、とにかく長かったです。

 折り返しの野付崎までは向かい風。3番手で通過つチェック。引き返したあとは、後続の方々とすれ違えたので、楽しかったです。

 根北峠は、自動車も少なく走りやすかったです。最後の下りは追い風で楽にフィニッシュできました。

f:id:kiyatchi:20190814163127j:plain

懇親会一日目

f:id:kiyatchi:20190814044755j:plainf:id:kiyatchi:20190814044818j:plainf:id:kiyatchi:20190814044837j:plain    料理はこの後も次から次へと出て来ました。山の様な生姜焼きやパスタ、ピザ、いももち、寿司などなど。

f:id:kiyatchi:20190816201910j:plain

 九州や近畿神奈川の方々と一緒の席で楽しかったです。

f:id:kiyatchi:20190816202013j:plain

 今朝は天気が良くこの後の知床200楽しみです。

しれとこくらぶでランチ

f:id:kiyatchi:20190813143416j:plain

 チキンソテーランチ、美味しかったです。しれとこくらぶは宿泊施設でもありますが、地元の人にとっては、様々なメニューのある洋食屋さんの様です。

旭川斜里400、22時間57分で完走

f:id:kiyatchi:20190813124958j:plainf:id:kiyatchi:20190813124842j:plain

 昼の12時に旭川スタートです。昼スタートの400は、必ず途中で夜中を迎えますので、寝ずに走る事の出来ない自分は、総合時間はかかってしまいます。そして、宿泊用の荷物も必要ですので、これくらいになってしまいます。

f:id:kiyatchi:20190816195236j:plain

 美瑛のセブンスターの丘などを通過します。

f:id:kiyatchi:20190816195531j:plain

 チームニセコのY山さんとしばらく先頭を走りました。彼は最終的に寝ないで一番に完走しました。

f:id:kiyatchi:20190816195635j:plain

 富良野麓郷の近くも通りました。南富良野手前の登りで一人先頭になりました。その後本州の大学生に抜かれました。

 このブルベ、どこで寝るかが重要です。旭川T中さんは本別に宿をとっていました。帯広に実家があるので泊まったという人もいたようです。

 私は285km地点の陸別の道の駅まで行きました。夜中1時前に到着です。本州の大学生も来て寝ていました。私はそこで4時間熟睡しましたが、後で聞くと10人くらい一時寝ていた?そうです。ほとんど気づきませんでした。

f:id:kiyatchi:20190816200817j:plain

 朝、5時過ぎに陸別スタート。陸別は曇り14℃でしたが、津別で雨が少し激しくなってきて合羽を着ました。しかも向かい風、交通量もあり、網走まで辛いブルベとなりました。

f:id:kiyatchi:20190816200954j:plain

 網走で雨が止んだので、つかの間の朝食の時間で合羽を干します。

f:id:kiyatchi:20190816201232j:plain

 あとは斜里まで。途中で香川の大学生を抜いたら抜き返してくれて高速バトルになり楽しかったです。

f:id:kiyatchi:20190816201417j:plain

 そして、2泊することになる「しれとこくらぶ」に到着です。

f:id:kiyatchi:20190813125345j:plain